プロミスの審査で重視される点

プロミスの審査ではどのような点が重視されるでしょうか。基本的な条件としては、20歳以上69歳以下で本人に安定収入があることです。この条件は他の一般的なキャッシング会社の審査条件と大体同じだといえます。

ただ審査でどの項目を重視するかやどこまで許容されるかは、会社ごとに基準が少しずつ違います。なので1つの会社の審査に落ちた場合でも、他の会社の審査に通るということはあり得ることだといえます。

プロミスの場合は、申込者の経済的な安定性や返済能力や信用度を重視して審査を行います。ただ審査では年収が高ければ有利だとは一概にはいえません。正社員でなくても、パートやアルバイトや派遣など非正規雇用の人でも毎月安定した収入があれば、審査で特に不利になることは全くありません。

プロミスの審査では、まず仮審査として属性スコアリング方式で自動審査を行います。その後本審査で実際に人間の目で事実確認したり、借入限度額を決定したりします。

属性については年収や職業以外にも、勤続年数や居住年数や家族構成や独身か既婚者かなど、さまざまな属性項目について審査を行います。厳正な審査の結果、返済能力が十分にあると判断されれば、審査通過してキャッシングを利用することが可能となります。
Continue Reading

おまとめの対象にならない借り入れ

おまとめローンは現在の借り入れをひとつに整理することができるのですが、借入先やその性質によってはおまとめの対象にならない借り入れも存在します。

おまとめローンの借り換え対象にならない代表的なものが住宅ローンや車のローンなど担保がついているローンです。担保設定のあるローンはもともと金利が低いため、わざわざまとめる必要性が生じにくいのですが、金額も大きく単体の借り換えでは支払いきれない事が多いので対象にはなっていません。

また、家族や親戚など本人以外の借金を肩代わりする名目での借り換えもできなくなっています。借り換えができるのはあくまで本人名義の借り入れのみなので、家族であっても本人以外の借り入れをまとめることはできません。本人の借り入れと本人以外の借り入れを一本化することも同じく不可能です。

さらに借り換えることは可能ですが推奨されていない分割ローンとして、資格取得や語学教育の分割払いがあります。これはもし途中で解約することになった場合、解約金等の支払いが複雑になるからです。

本来は本人と契約相手の二者間だけの交渉で済むのですが、借り換えをしてしまうと借金はおまとめローンに移ってしまうので、契約は解除したのに借金は返し続けないといけないという状態に陥ることがあります。
Continue Reading

モビットのWEB完結申し込みのメリット

モビットのWEB完結申し込みのメリットをご紹介します。まず、モビットのWEB完結申し込みの最大のメリットは、申込みから振り込みまでのすべての手続きをインターネットで行うことができるので、パソコンや携帯電話、スマホからでも気軽に申し込むことができるという点です。

モビットのWEB完結申し込みがここまで支持されている理由は、家族に内緒でキャッシングをすることができるからです。インターネット上ですべての手続きが済んでしまうので、家族はもちろん他の誰にも知られることなくキャッシングを密に行うことができるのです。

キャッシングはあまり良いイメージではないので、家族や同僚や友達に知られたくないという人が非常に多いのです。

2つ目のメリットは、キャッシングに必要なカードを持たなくても、直接、指定の口座に現金を振り込んでもらうことができるという点です。やり方によっては申込みをしたその日に、つまり即日で現金を振り込んでもらうことができてしまうのです。

カードを持たなくて良いということは、家族や同僚や友達にも100%知られずに安全にキャッシングをすることができるのです。なぜなら、カードを持っていることがバレてしまう危険性をゼロにすることができるからです。
電話がかかってこないモビットWeb完結

カードローンと相続の関係

もしもカードローンで借り入れを行っていた人が亡くなると、借り入れた負債の相続はどのようになるのか、気になる人は多いでしょう。通常であれば、亡くなった人の財産は家族や親族に相続されます。第一に亡くなった人の配偶者、次に亡くなった人の子供や両親、兄弟姉妹という優先順位で相続が成されます。

相続と言えば、現金や不動産などの資産であり、相続人にとってプラスになるものという考えが一般的ですが、実は借り入れの負債も相続に含まれるのです。つまり、借り入れが残っている状態でその人が亡くなってしまった場合、残りの借り入れ額が相続人に相続され、返済義務が継続するのです。

亡くなったから返済しなくて良いだろう、と思う人が多いですが、実はそうではないので注意が必要です。もし身近で相続が発生する事態となったら、プラスの相続ばかりでなく、負債についてもきちんと調べておいた方が良いでしょう。

もし負債が多きすぎて、プラスの遺産だけではカバーしきれ無い場合は、相続放棄という手段もあります。相続放棄を行うと、借り入れの返済は不要になりますが、プラスの遺産も受け取ることができなくなります。どちらが有利かを、よく考えてから行うようにしましょう。
Continue Reading